スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道石狩生振の犬達

http://ameblo.jp/m-kikinblog/entry-11152579564.html

北海道石狩生振の25匹の犬達が、ごはんを食べていないと聞き、この度フードとおやつを持って行ってきました。

飼い主さんがいるわんちゃんたちですが、飼い主さんの廃品回収業の収入ではフードも満足に買えず、ご飯も食べられずにガリガリに痩せています。

飼い主さんは以前に、趣味または繁殖かは、はっきりわかりませんが、犬そり用の犬を飼育していたようです。現在は雄雌わかれていない状況で、離れている犬も数頭いるので、シェパードやアラスカンハスキーなどのミックス犬が一年間で50匹から60匹生まれてきてます。

この場所は、北海道の石狩平野で水道が通っていない、民家のない土地で、地吹雪も起き冬は過酷です。

2メートル以上積もった雪の上に鎖で繋がれている犬は、雪や風を避ける犬小屋もなく雪の上に寝ています。

マイナスの気温は体の脂肪をどんどん奪われ痩せていきます。

このままだったら死んでしまうという危機感感じました。

現に昨年末からすでに今年の寒さは尋常でないので10匹ほど死んでいるようです。


また、繋がれている子もあばら骨が浮き出ていたり、鉄格子の檻に入ってる子は陽に当たることもできずにいます。

また、栄養不足のせいか目が見えない犬も数頭います。


殆ど攻撃はしないのですが、人に慣れていないのでなかなか体は触らせてくれませんが少しづつ慣れてきています。


私たちはこのような犬を増やしたくないと考えて


飼い主さんに避妊去勢をして行くお手伝いをさせて頂きたいと申し出ました。


飼い主さん自身も62歳になり先が不安で犬を減らしたいと言われたので、避妊去勢と同時に里親をさがしていくことも了解をもらいました。


ただ大型犬で、人に慣れていないこと、行政指導はされていても徹底していないので登録予防注射がされていないことや、のみダニ、フィラリア、皮膚病の心配もあり投薬などに時間もかかることが予測されます。



是非不幸な犬を増やさないことへ賛同くださる皆様へ



下記のアドレスをごらんいただきましたら、支援物資、寄付金振り込み口座などの詳細が書かれています。

ごらんくださいますようお願いいたします。

120122_1426051.jpg

IMG_4080.jpg





http://m-kikin.com/?page_id=534




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミロムギノア

Author:ミロムギノア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。